【Mekanism】冶金注入機(Metallurgic Infuser)のはなし【Minecraft 1.7.10 MOD】

冶金注入器の「冶金」
「ちきん」って読むんだと思ったけど「やきん」が正しい
夜勤こわいわ

冶金の意味は「鉱石から金属を精製したり、それから合金を作ったりする技術」(Google曰く)とあり、まあ、そのとおりの仕事をする今回の装置

とりあえず書くぞー

先にクラフトレシピ

冶金注入機

・鉄インゴット *4
・レッドストーン *2
・かまど *2
・オスミウムインゴット *1

この装置を使わないと『ユニバーサルケーブル』の素材を作成できない
はじめのうちは『熱発電機』と隣接させて動力を与えよう

ケーブルがないから仕方ないね

操作画面

見た目はこんなん
左の紫と赤のアイテムスロットが素材、右の青のスロットが完成品
電気マークのスロットはバッテリー的なアイテムで電源供給するときに置くのじゃ

石炭+鉄インゴット→濃縮鉄 エネルギーキューブを置いた場合

左のゲージが「炭素:1000」になっているのは、石炭1個で10増え、100個分がストックされていることを示す
石炭 *1、鉄インゴット *1 :鋼鉄インゴット *1

左上のアイコンは配線やアイテムの搬入出など、右上はアップグレードなどの設定画面がある
それは配線とかの話を別にまとめようと思う

ちょっと書いとくレシピ

鋼鉄インゴット

鋼鉄インゴットは石炭(木炭)と鉄インゴットで『濃縮鉄』を作成し、
石炭(木炭)と濃縮鉄で『鋼鉄の粉』を作成、
鋼鉄の粉をかまどで焼いて『鋼鉄インゴット』が作れる

基本制御回路

・レッドストーン *1
・オスミウムインゴット *1

【IC2ex】の『Electronic Circuit』と互換性がある様子

濃縮合金

・レッドストーン *1
・鉄インゴット *1

強化合金

・濃縮合金 *1
・ダイヤモンドの粉 *1
ダイヤモンドの粉は『粉砕機』を使うぞ、おのれまだ書いてない装置じゃ

原子合金

・強化合金
・精製黒曜石の粉

精製黒曜石の粉

・ダイヤモンドの粉
・黒曜石の粉
どちらの素材も濃縮チャンバーを使って作成する

おしまい

冶金注入機で作成できるアイテムは多く有る
ここで書くか記事ごとに書くか悩みどころ

‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。