【Mekanism】瞬間移動できる『テレポーターポータル』【Minecraft 1.12.2 MOD】

2箇所ポータルを作って瞬間移動ができるよ!よ!

使い方

組み立て

ポータル1個に付き『テレポーター』1個
『テレポーターフレーム』を9個
つかう

↓『テレポーター』を置く

高さ4ブロック
横3ブロック
中を空洞にして残りの周りを『テレポーターフレーム』にする

設定

『テレポーター』を右クリックで設定画面を開く

↓中央「設定」を記述してボタンをクリックすると、上の周波数一覧に追加される

↓一覧から選択して設定することも可能
 ポータルに設定した「周波数」は下に記される

2箇所のポータルで同じ周波数を設定して移動できるようになると、紫のポータルが開く

同じ周波数を3箇所以上で設定すると、後に設定したポータルが優先される気がする

装置にチャンクローダー機能をつける

装置そのものが遠くにあるとチャンクが読み込めずにテレポートできなくなる

『アンカーアップグレード』を使えば装置を置いたチャンクを読み込んでくれる

おまけ

『テレポーター』ブロック単体でも設定可能で、出口専用として運用できる

片方をポータル、もう片方を『テレポーター』ブロックだけにすることで、一方通行になる

クラフトレシピ

テレポーター

・基本制御回路 *4
・鋼鉄ケース *4
・テレポートコア *1

テレポートコア

・ラピスラズリ *4
・原子合金 *2
・金インゴット *2
・ダイヤモンド *1

テレポーターフレーム

・精製黒曜石インゴット *8
・グロウストーンインゴット *1

どちらもオスミウム圧縮機で作成する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください