わしのLive2Dのモデルver1.0が動いたと思う

前回に作っていたLive2Dのモデルが最低限動いたから、もう実戦配備の準備をしてしまう

動かさんことには何も始まらない

「巧遅は拙速に如かず」という言葉は初チャレンジする際の意識にとても役に立つ

とか言って作業に手を付けてから2ヶ月以上消費している

つらい

それと「多分動くと思うからリリースしようぜ」もチャレンジ精神を後押しして良い

はやくバージョン1を作って落ち着きたい
積みゲー消化も停滞している

そして、できたものはこちら

とりあえずFaceRig で動かすことにした
以前試した際に買ってあるから使おうね

マイクラスキンでFaceRigを使った時は気にしていなかったが、設定できるファイルで色々できるらしいので、そこでちょいと微調整をして実戦配備とする

めざせ初投稿数日以内

Unity に手を出すには早かった

SDKを使ってLive2Dモデルを読み込みはできたものの、カメラによるフェイストラッキングが難しそうだし、検索でよく見るプラグイン?も有償で諦めた

まだ早い

こっちのほうが目的を達成できる場合は選択を視野に入れ、金と時間に引き換えて良しと判断できたときにやってみよう

FaceRig の気に入らんところは、カメラ認識が外れると、顔がデフォルトの位置に強制的に移動してしまうところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください