【Ender IO】モブのスポーンを防ぐ『憎悪のオベリスク』【Minecraft 1.12.2 MOD】

指定したモブを範囲内でスポーンさせない装置

モブの指定は『魂の小瓶』を使う

見た目はエンダーマンの頭がくるくるまわっているので賑やか
稼働しているとエンダーマンの頭の目に光が宿る

使い方

設置してコンデンサを付けてエネルギーを供給する

魂の小瓶でモブの指定

中央のスロットにモブを捕まえた魂の小瓶を入れて、スポーンさせないモブを指定できる

スロットは12個あるので、その数だけ指定できる

コンデンサと効果範囲

「範囲:64」のように、起動していると効果範囲が表示される
効果範囲はコンデンサで以下のように変わる
ベーシック:64
二重:96
八重:160

範囲は装置を中心にしたキューブ状の1辺のブロック数で、装置から端までは半分のブロック数と見てヨシ

効果範囲の表示切り替え

装置の「範囲を表示」ボタンで切替可能

表示をオンにすると白い範囲で表示される

これは最小のベーシックコンデンサでの範囲

クラフト

『憎悪のオベリスク』

・悩めるエンダーマンの頭 *1
・エナジェティック合金インゴット *2
・付勢バイメタルの歯車 *1
・ソウラリウムインゴット *2
・ソウルマシンシャーシ *1

『悩めるエンダーマンの頭』

スライスンスプライスで作成
・ソウラリウムインゴット *2
・エンダーマンの頭 *1
・水入り瓶 *2
・ベーシックコンデンサ *1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください