【Thaumcraft6】『自動弓』の作成(「自動弓」の研究)【Minecraft 1.12.2 MOD】

※MODのバージョンは『Thaumcraft-1.12.2-6.1.BETA26』

自動で敵を攻撃してくれる弓タレットよ!

連射はそれほど良くないが、どうやら上位互換が今後ある様子

「自動弓」の研究

魔導細工のページの、神秘の耳の左の研究

以下のポイントを消費する
・理論「ゴーレム術」*1
・観察「魔導細工」*1

また、下のフラスコマークにマウスカーソルを合わせると「物体を発射する何かを調査する」とある

これは「ディスペンサー」をソーモメーターで観察すれば良い

完了すると以下のアイテムのレシピと説明がある
・『自動弓』
・『神秘アクティベーターレール』

『自動弓』を使う

右クリックで設置でき、「Shift + 右クリック」で回収できる

ブロックではなくモブの扱いのようで、置いた足元のブロックを破壊すると落下する

右クリックをすると装置の画面になり、矢を1ストック(64本)入れられる

また、体力ゲージのハートマークが5個あるのがわかる

攻撃を受けたりして体力がなくなると『自動弓』は壊れてしまう

壊れた時、素材になったアイテムを確率でドロップする

『自動弓』は射程範囲に入った敵性モブに自動で振り向いて攻撃してくれる

ゾンビやスケルトンは自動弓から攻撃を受けるまでは見向きもしないが、攻撃を受けると自動弓のことを敵とみなして攻撃してくるようになる

上向きのディスペンサーの上に自動弓を置くと、ディスペンサー内に入れた矢を自動で自動弓に補充してくれる

レッドストーン信号はいらない

隣接させると隣の射撃に巻き込まれやすいので、結構弱い

複数台設置して運用はちょっと難しいかもしれない

また、ブロックを隣接させていると発射した矢が真後ろのブロックに刺さったりして、前に飛ばないことがある

周囲1ブロックは開けておくのが良い感じがある

トロッコを使った運用

モブ扱いなのでトロッコに乗れる

トロッコで移動していれば反撃も受けにくい

レールの下に上向きディスペンサーを置いて矢を入れておけば、通ったときに矢を補充できる

トロッコを使って複数台の自動弓を拠点周囲を周回させながら、矢の補充は1箇所にして運用することも可能だ

『神秘のアクティベーターレール』

トロッコで上を通った自動弓のON・OFF切り替えができる

紫に光っている状態のレールを通ると自動弓がOFFになり、攻撃しなくなる

光っていない状態のレールを通ると自動弓がONになり、再び攻撃するようになる

クラフト

『自動弓』

「神秘の作業台」を使用して作成する
・弓 *1
・『簡易神秘機巧』 *1
・『鉄板』*1
・『グレートウッドの木材』*2
・『機械仕掛けの心』*1
・棒 *2
・『AerのVis結晶』*1

『機械仕掛けの心』

「神秘の作業台」で作成する
・「ガラス板」*3
・『簡易神秘機巧』*1
・『真鍮板』*2
・「レッドストーンコンパレーター」*1
・『IgnisのVis結晶』*1
・『OrdoのVis結晶』*1

『神秘のアクティベーターレール』

「神秘の作業台」で作成する
・アクティベーターレール *1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください