【Immersive Engineering】ケミカル放射器の使い方【Minecraft 1.7.10 MOD】

ケミカル放射器を書くぞ

(,-,っ )っ

『技師の手引書』を見ながら

「道具及び簡単な機械」の中に「ケミカル放射器」の説明(英語)とクラフトレシピがある

レシピ
・内部酸素タンク *1
・木製グリップ *2
・重機構ブロック *1
・液体導管 *1
・バケツ *1

手に持つとこんなの

使い方

【IMM】の液体タンク『金属バレル』に液体を入れ、
ケミカル放射器でタンクを右クリックをするとケミカル放射器に液体が入る

金属バレルに入る液体ならケミカル放射器にも入る
デフォルトの水、溶岩、牛乳
このMODのクレオソート油、植物油、エタノール、バイオ燃料
その他のMODの液体も入れられるものがある


金属バレルの容量は12000mB(バケツ12杯分)
ケミカル放射器を持った状態でカーソルを合わせると中身と容量がわかる

ケミカル放射器の最大容量2000mB
金属バレルはアイテムにして中身ごと持ち運べるので、出先で金属バレルを出して補給が可能だ

撃つぞー

クリックで消費は40mB
押し続けで連続して放射される

溶岩を放射するとヒットで2ダメージ+燃焼
水など、燃えていない液体は特にダメージはない
状態変化の追加効果がある液体もある。

加熱の切り替え

右下のメーターの中心の火が点いているか否かで、放射時に燃焼させるか切り替えられる

アイテム作成時は火のアイコンに色がついていない

Shift + 右クリック でアイコンが変わる

アイコンに色がついていないときの『クレオソート油』

撒いた燃料をあとから燃やすのは溶岩などでできるようだが、意味なさそう
溶岩はこの状態で撃ってもダメージを与えられる

アイコンに色がついているときの『クレオソート油』

燃料系のアイテムは火が点いた状態で放射できる
燃料は溶岩よりもダメージ、燃焼時間がともに良好になる

試しにアイアンゴーレム(体力100)にクレオソート油で燃焼させたら、倒すまで燃焼効果が続いた
なにこれ強い

水や溶岩などの燃料以外の液体は特に変化がない様子

おわり

・火のついたブロックは水の放射で消せる
・逆に溶岩などを放射しても木は燃えない
・燃えている液体を放射でダメージ+燃焼効果
・放射した溶岩は燃焼効果時間が短い
・燃料の類に火をつけて放射して当てると燃焼効果時間は長い

燃料で攻撃すると結構優秀な気がする
追加のオプションパーツはこちら

‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。