【Applied Energistics 2】自動クラフトを動かす【Minecraft 1.12.2 MOD 工業サバイバル】

前回:AE2自動クラフトの準備
『Crafting Unit』と『Crafting Strage』を作成した

自動クラフトまで書いてしまおう

準備の記事で足りんものを作る

クラフトのレシピを登録する『ME Interface』

クラフトする部分っぽい『Molecular Assembler』

レシピを記録する『Blank Pattern』
を作る

ME Interface を作る

・鉄インゴット *4
・ガラス *2
・Annihilation Core *1 (左側)
・Formation Core *1 (右側)

Annihilation Core と Formation Core は初登場のつもり

『Annihilation Core』

・ネザー水晶 *1
・Fluix Dust *1
・Logic Processor *1

『Formation Core』

・Pure Certus Quartz Crystal *1
・Fluix Dust *1
・Logic Processor *1

Molecular Assembler を作る

・鉄インゴット *4
・ガラス *2
・Annihilation Core *1 (左側)
・Formation Core *1 (右側)
・作業台 *1

置く

『ME Interface』と『Molecular Assembler』をケーブルに接続

Blank Pattern を作る

レシピを記録するアイテム
レシピ1個につき Pattern を1個使うので数が必要

要らなくなったレシピはリセットできるのでドンドコ使っていこう

・Quartz Glass *2
・グロウストーンダスト *3
・Pure Certus Quartz Crystal *1
・鉄インゴット *3

レシピを登録して自動クラフトする

とりあえず、ざっくりな説明だけ書く
クラフト素材はストレージの中のアイテムを消費する

ME Pattern Terminal の画面を開く

1,中央右の上から下へ矢印が書かれている上に『Blank Pattern』を置く(スタック可能)

2,中央のクラフト画面でレシピどおりにアイテムを置き、作成しない

3,右の矢印をクリックすると『Blank Pattern』にレシピが入る

マウスオーバーでレシピが確認できる

4,レシピを登録した Pattern を『ME Interface』に設置する

Patterns のところにアイテムの Pattern を1個設置できる
ME Interface につき9個までレシピ登録できるので、レシピが増えると Interface を増やしていくことになる

5,ME Pattern Terminal からクラフト指示を出せるようになる

レシピを登録したアイテムがアイテム数ではなく「Craft」と書かれて一覧に出てくるので、クリックしてクラフト指示できる

例として1で Next をクリック

素材とクラフト装置の性能が足りていれば Start ボタンが押せる
Start ボタンを押すとクラフトが開始される

文字が潰れてるのは設定の問題
直し方がよくわからんけど困ってないので放置

できてる

おしまい

最低限これで動くことであろう
多分 Crafting Strage の容量が多いほどクラフトに使うアイテムを多く扱える

更に別のアイテムを使うと、別modの装置に接続して加工の自動化も可能になる

‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください