さくらインターネットとの今後の付き合い方を考える

はじめに

とあるサイトで、さくらのレンタルサーバーでWordPressを使用したブログサイトを運営しているが、どうにもサーバの応答性が悪く、PageSpeedスコアが上がらないという問題に直面していた。

サーバー応答性が悪いのは自分が構成したWordPressやプラグイン上の問題でもあるため、一概にサーバが悪いというわけではないのだが、現在のサイト構成でサーバ応答性が悪くなってしまうのは必然であり、根本的な解決策としてサーバをより高速な所に移転して改善を検討する事に

解決策として、サーバ移転と同時に某超高速WordPress仮想マシンの導入によって問題の解決を試みようと考えていたのだが、その最序盤の段階で頓挫する事態が発生。

新しいVPSの選定先

今回サーバの移転先としては、某超高速WordPress仮想マシンが使えるサービスを選ぶことが前提条件。また、某超高速WordPress仮想マシンは通常より高いサーバースペックを必要とするため、スケーラビリティ可能なサーバーである必要があった。

検討先としてはConoHaやAWSなども挙げられるが、超高速WordPress仮想マシンを提供しているところはそんなに多くないので、必然的に過去の使用実績もあり、これらの必要条件も満たしているさくらインターネットのVPSサービスを選択することに。

さくらのVPSは過去に使用したことがあり、その時は特に問題もなく運用できていて他のWebサービスでもさくらを使用していたので、そのまま何の疑問もなくさくらのVPSを申し込み。

本題:さくらのVPSのサービスが開始されない

しかし、申し込みは完了したが、いつまでたってもサービスが開始せず移転作業が進められない。おいおいおい、さくらのサポート情報にはお申込みから1~2時間程度で利用可能になります。って書いてあるのに何時間待ってもサービスが始まらない。もうこの記事書いてる時点で30時間くらい経ってんだけど、どういうことだ

検証サーバが欲しい人とか、中小くらいの規模でVPS使う人とか、こんな待ちぼうけになったら発狂するんじゃないの?まあ、普通はConoHaやAWSに移行するか

金曜夜にサーバ構成を開始して、土曜に移転作業。日曜日は予備日というスケジュールを考えていたのだが土日にしかサーバを弄れない人間にとって、すぐ使えないとVPSはホントに致命的である。

サポートにメールを出すが返答すらない

  • さくらのVPSに申し込みを行ったこと
  • 申し込み後、1~2時間程度で利用開始と書いてあるが、数時間経っても状態が準備中から進まないこと
  • 既に本申し込みも行っており、さくら・カード会社共に決済の通知は来ており、あとはサービス開始待ちの状態であること
  • 現在、申し込み状況はどうなっているのか状況を教えてほしい。

といった内容を申し込みから12時間経った時点でさくらインターネットのサポートにメールを送信。既にこの時点でこの土日に行うはずのサーバ移転のスケジュールは崩壊しています。

土日祝でもメールサポートを受け付けているのはありがたい事だが・・・・、この記事執筆時点で未だ何の返答もなし

今後のサーバ選定について

VPSサービス開始の確認のため、積み重なるさくらの会員メニューのログイン通知

さくらインターネットは、業界最大手であると言うことと裏打ちされたブランド力によって、多少悪いコストパフォーマンスを差し引いても顧客満足の高いサービスを提供してくれるものと考えていたが、今回の件について『さくらインターネット』に強く失望することとなった。

本来行うはずだったサーバ移転については既に入金も終えてしまってるため、現在予定しているサーバの移転先をさくらインターネットから変更することはしないが、移転スケジュールは一週間遅れることが確実になった。

次回、再びサーバの増強を検討する事になった場合『さくらインターネット』と言うブランドや過去の使用実績だけでの選定は行わず、今後は他社との価格やスペックを重視することにする。(期待していた対応がこの程度ならばさくらに拘る必要もない)

今回の問題点は「VPSの提供が遅れている」だけの安易な問題だけではあるが、少なくとも「早急なサーバ確保が必要」な状況において素早い対応が得られないというのは最悪である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。