【Immersive Engineering】バイオ燃料を作るよ【Minecraft 1.7.10 MOD】

【Immersive Engineering】の『ディーゼル発電機』の燃料をつくる

結構手間だ

燃料を作るのに必要な装置が以下の3つ
すべての装置でRFの入力が必要
・工業用圧搾機
・発酵槽
・製油機
また、これまでの粉砕機、瓶詰機と違い、装置にGUIが有り装置を右クリックで表示できる
『技師の手引書』を持ってくるのじゃ

工業用圧搾機で『植物油』、
発酵槽で『エタノール』を作り、
製油機に2つを入れてバイオ燃料を作る

『植物油』は以下の4種のアイテムから作れる
・種
・カボチャの種
・スイカの種
・【IMM】の工業用大麻の種

『エタノール』は以下の4種
・サトウキビ
・ジャガイモ
・スイカ
・リンゴ

『工業用圧搾機』と『発酵槽』


『工業用圧搾機』と『発酵槽』は形がだいたい同じで、使うブロックが異なるだけ
『工業用圧搾機』は緑の工業用圧搾機というブロック、
『発酵槽』は青い『発酵槽』というブロックを使う

ブロックを組んだら横面の中心をハンマーで右クリックで完成


エネルギーを入れるのは上面のオレンジの点


側面4方向にある口は、
ホッパーを使ったアイテムの搬入、
液体導管を使った液体の搬出の両方に使える

製油機


『技師の手引書』を見てブロックを組み、
正面の『重機構ブロック』をハンマーで右クリックして完成
正面右に赤い点がある面があるのは、粉砕機と同じく、レッドストーン信号でON・OFF切り替えができ、信号を入れることで燃料の作成を止めることができる


製油機のエネルギー供給場所は裏面にある


側面の穴は『液体導管』で『植物油』と『エタノール』を搬入できる
正面の穴は『バイオ燃料』を搬出することができる

この3つの装置は側面の搬入出口を隣接させることで、
液体導管を使わずに製油機に液体を送ることができる


上は導管で繋いでいるが、下は隣接させている
双方とも動いている

搬出したバイオ燃料はディーゼル発電に使えるはずだが、
ディーゼル発電は今度

‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。