【Minecraft 1.7.10 MOD】Applied Energistics 2でアイテムを保管する【MEドライブの使い方】

クァーリーを稼働させるとアイテムだらけになってしまい拠点がチェストの山と化してしまうので、Applied Energistics 2(以下AE2)のストレージに手を出したいと思います。

Applied Energistics 2とは

手に入れたアイテムは自分のインベントリに入れるか、チェストの中に保管しておくかの2つに1つしかありません。

Bluidcraftのクァーリーは最大64×64の範囲のブロックを全てアイテム化させるという、資源問題を一発で解決してくれる素敵メカではあるのですが、チェスト100個作っても間に合わなくなるほどのアイテムを提供してくれます。

かつて、GAOが「Buildcraftのパイプの中でアイテム輸送させ続ければ無限にアイテム保管できんじゃん!」というシンギュラリティ的発想なアイテム保管法を提示してくれたこともありましたが、彼の夢は石パイプの爆発という現実によってあっけなく幕引きとなってしまいました。(Bluidcraftのパイプはアイテムを流し過ぎると爆発します)

クァーリーによって増え続けるチェスト、煩雑さを増すハイプ配管、溢れる丸石。溢れるアイテムが頭痛の種になりつつありましたが、これを解決してくれたのがAE2でした。

水晶探し

AE2ではCertus Quartz Crystalという水晶がキーアイテムとなります。かなりの数が必要になるので見つけたらどんどん回収していきます。

さらに、水晶にはCharged Certus Quartz Crystalという強そうな名前の水晶もあります。AE2を始めるにはこのCharged Certus Quartzも見つけなければいけません。

しかし、このCharged Certus Quartzは発生率がかなり低く、なかなか見つかりません。IC2exのマイニングレーザー片手に地下でレーザーを乱発しても一向にCharged Certus Quartzが出てくる気配がありません。

ダイヤモンドならy15以下の層をScatterモードで乱発すればすぐ見つけることができますが、Certus Quartzは鉄と同じ層に発生するため、広い層を探索する必要があります。

んで結局、64×64最大範囲クァーリー。クァーリーは資源問題を一気に解決してくれる

ここまでカリってやっとCharged Certus Quartzを手に入れることができました。

そしたら、手に入れた水晶とレッドストーン・ネザー水晶と共に水に投げ入れます。そうするとFluix Crystalになるので、これを材料にChargerをクラフトします。

水にCharged Certus Quartzを投げ入れる

次にレッドストーン

最後にネザー水晶を投げ入れるとCharged Certus QuartzはFluix Crystalに変化する

次に、Chargerというマシンを作ります。

ChargerはCertus Quartzを入れるとCharged Certus Quartzに変化させることができるマシンです。これでやっとCharged Certus Quartzの旅が終わりました。

Certus Quartzを持った状態でChargerを右クリックすると、一定時間後にCharged Certus Quartzに変化する。Chargerの上にAEエネルギーを入れる必要がある。

 

隕石探し&チップ製造

AE2を導入すると様々なところに隕石が生成されるので、その中のチェストにあるチップの型を回収しなくてはいけません。(メテオMODとは別の隕石)

Charged Certus Quartzと鉄から隕石探索専用のコンパスをクラフトして探索に出かけます。

隕石はsky stoneという独特の色合いをした石ブロックで構成されており、地表に出ていたり地中に埋まっていたりします。

真ん中の黒いのがAE2の隕石。この隕石の真ん中にチェストがある。結構硬いのでダイヤのつるはしが必要。隕石を構成しているsky stoneも必要なので何個か回収しておく

隕石の中央部にはsky stone chestというチェストが内包されており、その中に入っているチップの型を回収します。

型は全部で4種類あり、これらすべての型を集めなくてはいけません。

MEコントローラを作る

型を全て回収したら、次はチップのクラフトに入ります。

Inscriberをクラフトして、中に回収したチップの型を入れて、材料を入れてやるとチップの製造がはじまります。


型はそれぞれsilicon・金・Certus Quartz・ダイヤモンドに対応しているので、それぞれのチップを必要数作っておきます。

ダイヤのチップとFluix Crystalと鉄をクラフトしてMEコントローラを作ります。ここからAE2が始まります

MEドライブとストレージを作る

アイテムの保管にはストレージというアイテムとそれを管理するMEドライブというブロックが必要です。

とりあえずMEドライブを設置して、その中に1k Storageというアイテムを挿入します。その後、MEコントローラに動力を接続します(RFでもEUでもどちらでもOKです)

MEパネルを作ってアイテムを入れてみる

MEドライブにアイテムを入れるにはMEパネルが必要です。

MEパネルはMEドライブ内のストレージにアクセスするためのブロックです。アイテムの出し入れはMEパネルからすべて行います。

1k Storageには63種類65スタック分のアイテムを保管できます。一番小さいストレージですが、通常のチェストよりも数多くのアイテムを入れる事ができます。

更にMEドライブに新たにストレージを入れることにより、保管できるアイテムの量も増やすことが出来ます。

次回、さらにAE2を活用してアイテム管理を進めていきます。(と思ってたらGAOのやつこんなもん作りやがった!許されない!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。