【Civ4 FfH2 OAC】アムリテ国王プレイレポ④~邪悪文明しかいない辛み~

155季 アケロンを観察

超魔術Ⅰで遠いところまで偵察できるのを忘れていた。試しにアケロン都市の状況を確認する。こっちの都市より発展してて悔しさしかない

カスワラウン「超魔術のマナあるんだから目ん玉飛ばしてよ。」
見習い術師「あれ周りから見てて滅茶苦茶キモくないですか」
カスワラウン「キモい」

155季 カザードと遭遇

カザードと遭遇。山の向こうなので実際に出会うことはまずない。ついでにハンマー不足対応と周辺国との友好のためにキルモフに改宗

カンドロス・ファー「キルモフ同盟!なかよし!」
テッサ「そうよね!(アケロンがいなけりゃ・・・)」
カスワラウン「仲良くやっていこう!(ハンマーが足りねぇ・・・)」

170季 ハイボレム登場

地獄の軍勢が登場。アルマゲカウンタの回転に拍車がかかる。

カスワラウン「ええい!バシウムはまだかー!!脳筋天使はまだかー!」
ゴヴァノン「そういえばこのエレバスには善良文明がいませんね。」

185季 アルマゲドンカウンタが30に到達

アルマゲドンカウンタが30に到着、20で食らった荒廃すら回復してないのに30の荒廃も食らう。

カスワラウン「内政しかやってないのに既にジリ貧なんですけどー!!」
ゴヴァノン「そろそろ邪悪文明が調子に乗り出すので軍備整えたほうがいいですよ。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。