【原油ごくごく】BuildCraftで原油ごくごく【Minecraft 1.7.10 MOD】

原油ごくごくの記事がこれで100個目になるので、原油をネタにします

まずは原油

BuildCraftの原油は黒い液体でマップ生成時に配置される

水のような液体ブロックで、流れる時は水ブロックの上に広がる

なかなか見つけられないが、海では海面から飛び出ているのでわかりやすい

陸地では海のように飛び出ている場合と、池のように平面のものがある

海での原油

柱のように飛び出ている

砂漠での原油

採取

液体なのでポンプを使って採取する
ポンプのクラフト

液体の上に直接ポンプは設置できないので工夫が必要
IMMの支持気球を使うと空中に気球を置けるので非常に便利

めっちゃ遠いところにあるのが当たり前なので、BuildCraftだけなら持ち運びの液体タンクとか使うんだろうけど、EnderIOの「Dimensional Transceiver」があれば、ポンプへのエネルギー供給と遠方の拠点までの運搬が容易になる

ちゃんと送受信の設定をするように

あと、チャンクが読み込めない距離にあると動作が止まってしまうので、チャンクを読み込むアイテムを置いておく
(チャンクローダー、露天採掘機など)

拠点で受け取り、精製

原油受け取り用の「Dimensional Transceiver」を拠点で作成
液体タンクで貯蓄

精製機を使って「原油」を「燃料」に変える
精製機はRFで動く

精製機

作られた燃料はBuildCraftの「内燃エンジン」で使え、高効率なRFエンジンとして活かせる他、他のmodでもRFエンジンの燃料として使用が可能
(なんのmodで使用できたかは忘れた)

内燃エンジン

omake

原油が燃える

火打ち石などで原油が流れているマスの真上に火を置くと着火する

おー

あー

これで原油ごくごくの初回はおしまい

‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください