【EnderIO】Dimensional Transceiverの話【Minecraft 1.7.10 MOD】

このMODを入れたくなるとっておきのアイテム
『Dimensional Transceiver』
の話をしよう

主な機能としては
・RFの送受信ができる
・アイテムの送受信ができる
・液体の送受信ができる
・トロッコを移動できる

いろいろなものを移動できる装置になる

作り方


クラフト素材は以下
・Electrical Steel
・Fused Quartz
・Octadic Capacitor
・Ender Resonator
・Ender Crystal

『Electrical Steel』、『Fused Quartz』、『Octadic Capacitor』は過去に登場済み
Electrical Steel

Fused Quartz

Octadic Capacitor

『Ender Resonator』のクラフトはは Slice’N’Splice で作成する

・Soularium
・Silicon
・Vibrant Alloy
・Enderman Head

『Ender Crystal』は Soul Binder を使用して作成する

・Vibrant Crystal
・エンダーマンを入れたSoul Vial

使い方

適当に、よく使っている使い方を説明しよう
とりあえず、送受信のために最低2個用意する必要がある
また、動かすにはRFを消費する


起動している状態だとネザーポータルのような紫色の面になる

RFとアイテムのストレージ


右クリックでこの画面
抜け出すときはエスケープキー

・一番左の赤いゲージは装置のRFのバッファ
RFの供給が止まっても、このバッファを消費して動き続ける
消費スピードは10 RF/t

・二番目のオレンジのゲージは送受信のバッファ
送受信用のRFバッファ
最大送受信速度は20480 Rf/t

・中心の「Send」「Recieve」の枠はアイテムが入る
Sendには自分でアイテムを置けて、送り先があれば移動する
Recieveの方はアイテムを置けず、送られてきたアイテムがここに入る

・右の歯車と上下のボタンは 各装置共通の設定

・さらに右のタブ切り替えは、それぞれ設定をする画面になる
今は一番上のタブで、歯車のアイコンがついている

アイテムフィルタ

右端のタブの2番目
ホッパーと紙のアイコン


アイテム送受信のフィルター設定
送信設定と受信設定は別画面
ボタンをポチポチして変更するのだが、いまいちうまく機能してない気がする

いつもこの装置でフィルタリングせず、装置に入れる前にアイテムを選別している
BuildCraftのダイヤパイプとか超便利

送受信設定

右端のタブの3から6番目
それぞれ以下の送受信の設定ができる
黒枠の赤っぽいアイコン:RFの送受信
チェストのアイコン:アイテム
よくわからんアイコン:液体
レールのアイコン:トロッコ

RFの送受信

右端、上から3番目のタブを選択
まずは左上に文字を書き込んでプラスボタンを押す
RFの送受信の設定例として、名前を「RF」とする

すると、入力した下の「Available」に追加される
チャネルと呼んでいるっぽい

チャネルを選択した状態で真ん中の矢印のボタンを押すことで
「Send」「Receive」の切り替えができる
この1つ目の『Dimensional Transceiver』はRFをSendにする

これでRFを送信する用意ができたので、別の『Dimensional Transceiver』で受信設定をすると受け取れる


左の『Dimensional Transceiver』はRFのタンクに接続し、RFの送信設定をしている
中心のヤツにRFの受信設定をする


受信設定はさっき作った「RF」というチャネルを「Receive」に入れるだけ


おしまい
エネルギーを受け取って起動状態になった

受け取ったRFをパイプなどで出力すればGeneratorを作らずとも、離れたところに安定してRFを送ることができる

このとおり
受信側の Dimensional Transceiver にエネルギーパイプをつなげて装置を動かせる

一旦これで切り上げるのじゃ

続きを書くつもりである!
 ‘ω’)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。